MENU

加藤接骨院には熟練した有資格者が多数揃っています!

春日井市の加藤接骨院では、医療機器に頼らない手技療法を中心に施術をしております。「十羽一からげ」で、どんな症状の患者さんが来られても、同じように電気を当てて、 5~10分マッサージをして「終わりです」といったようなことはいたしません。

患者様一人ひとりの症状と体質に合った最良の手技療法、脊椎・骨盤矯正、運動療法、筋弛緩術等を組み合わせ、患者様と一緒に施術プランを作っていきます。「ゆとりある治療」それができるのは、熟練した有資格者が多数揃っている加藤接骨院だけです。

交通事故治療によるケガ・ムチウチ、腰痛・ギックリ腰・ヘルニア、スポーツ障害、産後の骨盤矯正等、どこへ行っても治らなかったという方、マンネリ化した治療法に疑問を感じている方は、ぜひ一度ご来院ください。

勝川駅(JR)×鍼灸部門
2016年12月時点

当院は交通事故治療の専門家です

現在、交通事故後のムチウチや腰痛、手足のしびれなど、交通事故のケガや後遺症で病院に通院されている方、今の治療方法に満足していますか?
交通事故後のケガや痛みはシップや電気治療、マッサージだけでは治りません。
春日井市加藤接骨院では手技療法によって筋肉をもみほぐすと同時に、カイロプラクティックによって背骨や骨盤を矯正し、根本から治して行きます。

カイロプラクティックとは?

ABOUT CHIROPRACTIC

背骨のずれは、神経・血管を圧迫し、正常なエネルギーの伝達を妨げ、内臓に迄も悪影響を及ぼします。
背骨のずれを矯正し、同時に筋肉をもみほぐし、各種電気治療等で全身的に体調を整えて行くのが春日井市加藤接骨院のカイロプラクティックです。
初めて行く接骨院は骨をボキボキやられて痛いことをされるのでは?と心配されている方もご安心ください。
春日井市加藤接骨院のカイロプラクティックは、アメリカ式のソフトな矯正法で骨をボキボキ鳴らしたり、痛いことはいたしません。

お知らせ

加藤接骨院のブログ

RSS 春日井市 交通事故 接骨院 加藤接骨院

患者様から「喜びの声」を多数いただいています!

T・Y様 / 主婦 / 介護職 / 51歳 / 女性

3年前に膝の手術をして、半月板をとってもらいました。しかし最近、日に日に痛みが強くなって来て、完全に曲げ伸ばしできなくなってしまいました。
加藤接骨院で矯正していただいたら、その場で膝が痛みもなく、動くようになりました。もっと早く来ればよかったと思いました。

T・N様 / 飲食店経営 / 72歳 / 女性

20年ほど前から膝のO脚がひどくなって、3~4年前からは、真っ直ぐに歩けない程になってしましました。でも、加藤接骨院に通うようになってから、痛みもなくなり、どんどん足が軽くなってきました。
今は散歩が楽しくなり、75キロあった体重も60キロ程に減って、嬉しいおまけが付いて大変感謝しています。

S・K様 / 製造業 / 59歳 / 男性

毎日仕事で重い物を持つので、腰痛がひどくなるばかりでした。或る日、荷物を持ち上げようとしたら、急に腰がギクッとなって全く動けなくなってしまいました。

同僚に助けてもらって何とか加藤接骨院に運び込まれましたが、痛くて声も出せないほどでした。でも、待たされる事もなく直ぐに背骨を矯正してもらったら、帰りは一人で歩ける様になってビックリするやら、ありがたいやら。

仕事柄、よくぎっくり腰をやらかすので、加藤接骨院とはもう縁が切れません。

Y.Y様 / 主婦 / 45歳 / 女性

最初は腰やヒザが痛くて通いだしたのですが、太り過ぎが原因と言われてしまいました。
新婚当時43キロだった体重が、子供を生む度にどんどん太って、65キロになってしまいました。当然昔買ったお気に入りのスカートもパンツもはけません。
自分自身も90キロ近かった体重を64キロまで減量したという院長先生の体験談を聞いて、ようやく減量を決意しました。
減量を始めて3ヶ月近く経ちましたが、耳針と骨盤矯正と先生のアドバイスのおかげで、やっと50キロを切りました。
食べたい物を我慢するのは辛いけど、効果が現れたという達成感で嬉しくなってきました。目標まで後5キロ。もう少し頑張ります!

H・T様 / 主婦 / 65歳 / 女性

1年ほど前に転んで肩を打って、肩が上がらなくなりました。一度は治っていたのですが、最近孫の世話をするようになって、また上がらなくなってしまいました。
整形外科には通っていましたが電気を当てたり、注射を打つだけで全然良くなりませんでした。でも1カ月前に友人に加藤接骨院を教えてもらい、通うようになってからはどんどん良くなり、今では衣類の脱ぎ着も髪のセットも楽にできる様になりました。先生と友人に感謝!

 

© 2017 加藤接骨院 なびこ Trendmake 株式会社ゼンコミュニケーション