ちょこちょこ飲んで 緑茶の健康効果をUP!

「緑茶がからだにいい」というのは知られていますが、ちょこちょこ飲むことで健康効果がUPすることがわかりました。

緑茶の健康効果で思い浮かぶのは、ポリフェノールの一種「カテキン」。緑茶の渋味成分で、健康に悪い影響があるといわれる活性酸素を消したり、菌やウイルスにくっつき体内に入ったり増えたりするのを防ぐ、という2つの特徴があります。このことから血圧上昇や血糖値を抑えたり、抗菌・抗ウイルスなど様々な効果があるといわれています。

そんなカテキンですが、血中濃度が一番高くなるのは緑茶を飲んでから1~2時間後。ですから1度にたくさん飲むよりもちょこちょこ飲む方が、健康効果が長く続くといえます。

国立がん研究センターから緑茶を飲む習慣が、がんでの死亡リスクを減らすことが発表されたりと、お茶の健康効果に注目が高まっています。