虫の声だけでなく 人間の脳もおもしろい

秋の夜といえば、スズムシやキリギリスなどの虫の声。秋の虫の声は平安時代から楽しまれ、江戸時代には虫を売る商売が成立しました。

欧米にもたくさん鳴く虫はいますが、不思議なことに欧米の方は虫の声に関心がありません。それもそのはずで、欧米の方は虫の声を雑音と同じ右脳で聞いているそうです。一方で虫の声を楽しむ日本人や中国人は、左脳で聞くのだとか。

童謡『虫の声』では「ああ、おもしろい♪」と歌われますが、人間の脳もおもしろいですね。