座ってできる!筋肉貯金!!

身体は動かさなければ衰え、筋肉量は加齢とともに低下します。中でも腹筋は衰えやすく、腹直筋は寝姿勢からの起き上がり、呼吸や姿勢の維持など日常生活の動きに深くかかわっています。また、鍛えることで腰の痛みの予防にもつながります。

①腰幅に足を開いて椅子に浅く座り、あごを引いて背中を丸める。手は胸かお腹にあてる。

②息を吐きながらおへそを見たまま体を後ろへ倒す。あごを引いたままゆっくり①の姿勢に戻る。

背中が反り、あごが上がると腹直筋ではなく背骨を使うことになるので注意しましょう。

 

腹筋は使うほど貯まります。いつまでも動ける体をめざして“貯筋”しましょう!!