食中毒の予防のために

暑くなってきて食中毒が心配な時期がやってきました。

食中毒は飲食店だけでなく、家庭でも発生しています。

 

食中毒を防ぐポイントを紹介します。

まずは、調理を始める前や生の魚や肉を調理する前後などは必ず手を洗いましょう。

また、生の魚や肉を切ったまな板はその都度洗うようにし、食品を保管する時にも密封容器に入れ、ラップをかけるようにするのも効果的です。

 

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になります。10℃以下で増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下で増殖が停止します。菌を増やさないためにも生鮮食品は買ったら早めに冷蔵庫に入れるようにしましょう。冷蔵庫に入れても菌はゆっくりと増殖するので、早めに食べることも大切です。

 

ほとんどの細菌やウイルスは加熱することによって死滅します。肉や魚だけでなく野菜も加熱すると安全です。特にお肉料理は中心部を75℃で1分以上加熱することが大切です。ふきん・まな板・包丁などの調理器具もよく洗ってから熱湯をかけて殺菌するとより効果的です。