距骨を整えて美ボディに!

前回のブログでは「距骨(きょこつ)」のズレがボディラインの悩みに繋がるというお話をさせて頂きました。

立ったり座ったり、歩いたりするだけで距骨はズレてしまいますが、そのズレを最小限にして、全身の軸を整える生活習慣を身につけましょう。

 

日常生活で気をつけたいNG習慣

 

前かがみで長時間スマホを使う

背中を丸めた前かがみの姿勢をずっと続けていると、胸を圧迫して呼吸を浅くし、お腹の力を使えなくしてしまいます。

おうちで使う時はクッションなどを膝に置いて、スマホを目線の高さに合わせるのがオススメです。

 

ひじ枕でテレビを見る

いつも同じ姿勢で寝転がってひじ枕をついていると、身体をゆがませる原因に。

血行も悪くなり、背中や腰を痛めてしまうことも。

時々立ち上がって動いたり、姿勢をかえたりして血行が悪くならないようにしましょう。

 

脚を組んで座る

距骨がズレて骨盤もゆがんでいると、いつも同じ脚を上に組んで座るのがクセに。しかもさらにズレやゆがみを進行させてしまいます。

気が付いた時には正しい姿勢を意識しましょう。

 

距骨のズレが整うと・・

姿勢がよくなる

バストアップ

くびれができる

ヒップアップ

下半身スッキリ

美脚

 

加藤接骨院では距骨のズレの調節・骨盤矯正の施術以外にも、セルフケアやストレッチ、運動の指導もしております。

距骨を整えて美ボディメイクしましょう(^^)